娘は娘
A Daughter's a Daughter

※メアリ・ウェスマコット名義
英初版:Heinemann 1952年
米初版:Arbor House 1972年


娘は娘 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

内容

若くして夫と死別したアンは、持てる愛情のすべてを注いで一人娘セアラを育ててきた。だが再婚問題を機に、二人の関係に亀裂が。貞淑で知られた母は享楽的な生活を送るようになり、誤った結婚を選択した娘は麻薬と官能に溺れていく。深い愛情で結ばれていた母娘に何が起きたのか? 微妙な女性心理を繊細に描く。
(早川書房 クリスティー文庫)(表紙復刻版)

若くして夫と死別したアン・プレンティスは、持てる愛情のすべてを注ぎ込んで一人娘セアラを育ててきた。だが再婚問題を契機として、アンは娘にほとんど関心を払わなくなってしまった。そんな母親に反発したセアラは誤った結婚に身を投じ、やがて麻薬と官能に溺れてゆく……。深い愛情で結ばれていた母と娘に、いったい何が起こったのか?微妙な女性心理のあやを繊細な筆致で描くクリスティーの愛の小説シリーズ第三作。
(早川書房 ハヤカワ・ノヴェルズ)

登場人物

主人公。未亡人アンの娘プレンティス家のメイド著述家・講演家。アンの友人アンの友人東洋帰りの実業家セアラの友人大富豪の御曹子
アン・プレンティス
セアラ
イーディス
デーム・ローラ・ホイスタブル
ジェームズ・グラント大佐
リチャード・コールドフィールド
ジェリー・ロイド
ロレンス・スティーン

翻訳履歴