ザ・スクープ/漂う提督ほか

The Scoop and Behind the Screen

英初版:Victor Gollancz 1983年
米初版:Harper&Row 1983年

ザ・スクープ The Scoop

1. 電話の向こうから(ドロシー・L・セイヤーズ)
2. 審問(アガサ・クリスティー)
3. フィッシャーのアリバイ(E.C.ベントリー)
4. 凶器(アガサ・クリスティー)
5. トレーシーを追う(アントニー・バークリー)
6. 動き出したスコットランド・ヤード(フリーマン・ウイリス・クロフツ)
7. ベリル、ブロード通りへ行く(クレメンス・デイン)
8. ポッツの正体(E.C.ベントリー)
9. ボンド通り?ブロード通り?(アントニー・バークリー)
10. ベリル、襲わる(クレメンス・デイン)
11. スマート警部の大手柄(フリーマン・ウイリス・クロフツ)
12. 最後のスクープ(ドロシー・L・セイヤーズ)

屏風のかげに Behind the Screen

1. (無題)(ヒュー・ウォルポール)
2. (無題)(アガサ・クリスティー)
3. (無題)(ドロシー・L・セイヤーズ)
4. 葉蘭のなかに(アントニー・バークリー)
5. (無題)(E.C.ベントリー)
6. パースンズ氏の解釈(ロナルド・ノックス)

翻訳履歴

The Floating Admiral

英初版:Hodder and Stoughton 1931年
米初版:Doubleday 1932年

内容

1932年、英国の〈探偵クラブ〉が大胆なリレー長篇を企画した。有名作家13名が各章を書き継いで、一作の長篇本格ミステリ小説を作るのだ。しかも、参加者は他の作家たちが各々想定した「解決」を知らないまま執筆しなければならないという厳しいルールが課せられた。はたしてそんなことが可能なのか? クリスティー、クロフツ、セイヤーズら、黄金時代の巨匠たちがその総力を結集した、貴重きわまりない幻の本格ミステリ
(早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫)

目次

序(ドロシイ・L・セイヤーズ)
プロローグ(G・K・チェスタートン)
第1章「おおい、死体だ」(C・V・L・ホワイトチャーチ)
第2章「訃報を伝える」(G・D・H&M・コール)
第3章「潮に関する名推理」(ヘンリイ・ウェイド)
第4章「お喋りがはずむ」(アガサ・クリスティ)
第5章「ラッジ警部、仮説を組み立てる」(ジョン・ロード)
第6章「ラッジ警部、考えなおす」(ミルワード・ケネディ)
第7章「警部のショック」(ドロシイ・L・セイヤーズ)
第8章「39の疑問点」(ロナルド・A・ノックス)
第9章「夜の来訪者」(F・W・クロフツ)
第10章「浴室の洗面台」(エドガー・ジェプスン)
第11章「牧師館にて」(ケレミンス・デーン)
第12章「混乱収拾篇」(アントニイ・バークリイ)
予想解決篇
附記

翻訳履歴