ねじれた家
Crooked House

英初版:Collins 1949年
米初版:Dodd,Mead 1949年


ねじれた家 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

内容

ねじれた家に住む心のねじれた老人が毒殺された。根性の曲がった家族と巨額の財産を遺して。状況は内部の者の犯行を示唆し、若い後妻、金に窮していた長男などが互いに疑心暗鬼の目を向け合う。そんな中、恐るべき第二の事件が……マザー・グースを巧みに取り入れ、独特の不気味さを醸し出す女史十八番の童謡殺人
(早川書房 クリスティー文庫)

ねじれた家で、心のねじれた老人が殺された。根性の曲ったたくさんの家族と巨額の財産を遺して。状況から考えると、内部の者の犯行らしい。家庭教師と噂のある被害者の後妻、父に譲られた事業に失敗し金策に窮していた長男などいずれもひと癖ありそうな家族がたがいに疑心暗鬼の目を向け合うなか、恐るべき第二の事件が……マザー・グースの唄を巧みに取り入れ、独特のユーモアとサスペンスを醸し出す女史得意の童謡殺人
(早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫)

登場人物

チャールズ・ヘイワード外交官
ソフィア・レオニデスチャールズの恋人
アリスタイド・レオニデスソフィアの祖父。大富豪
ブレンダ・レオニデスアリスタイドの後妻
ロジャー・レオニデスアリスタイドの長男
クレメンシイ・レオニデスロジャーの妻
フィリップ・レオニデスアリスタイドの次男。ソフィアの父
マグダ・レオニデスフィリップの妻
ユースティス・レオニデスフィリップの長男
ジョセフィン・レオニデスフィリップの次女
エディス・デ・ハヴィランドアリスタイドの義姉
ローレンス・ブラウン家庭教師
ジャネット・ロウレオニデス家の使用人
ゲイツキル弁護士
タヴァナーロンドン警視庁主任警部
ヘイワードチャールズの父。ロンドン警視庁の副総監

翻訳履歴