三幕の殺人
Three Act Tragedy

英初版:Collins 1935年
米初版:Dodd,Mead 1934年(米国版タイトル:Murder in Three Act)


三幕の殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 三幕の悲劇 (創元推理文庫 105-15) 三幕の悲劇 (講談社青い鳥文庫) 名探偵ポワロ ニュー・シーズン DVD-BOX 4

内容

引退した俳優が主催するパーティで、老牧師が不可解な死を遂げた。数カ月後、あるパーティの席上、俳優の友人の医師が同じ状況下で死亡した。俳優、美貌の娘、演劇パトロンの男らが事件に挑み、名探偵ポアロが彼らを真相へと導く。ポアロが心憎いまでの「助演ぶり」をみせる、三幕仕立ての推理劇場。新訳で登場。
(早川書房 クリスティー文庫)

引退した俳優チャールズ・カートライトの自宅でのパーティの席上、善良な老牧師がマティーニを口にしたとたん苦しみだし、死亡した。数カ月後、今度はチャールズの友人の医師が、自宅で催したパーティの最中に、ポートワインを飲んで死んだ。出席者も、死の状況もまったく同じだった。捜査の結果、二人とも毒殺であることが判明した。だが、犯人はどのようにして、大勢の中で、狙った人物に毒入りのグラスをとらせることができたのか?二つの死にはどのような関係が?ポアロは、大胆な仮説を組み立てた…。ミステリの女王の中期の代表傑作。
(早川書房 ハヤカワ・ミステリ文庫)

嵐をよぶ海燕のように、おしゃれ者の探偵ポワロの現われるところ必ず犯罪がおこる!引退した俳優サー・チャールズのパーティの席上、老牧師がカクテルを飲んで急死した。自殺か、他殺か、自然死か。しかしポワロは、いっこうに尻をあげようとしなかった。二幕、三幕と進むにつれて、小さな灰色の脳細胞、ポワロの目が光り始めていく……。
(東京創元社 創元推理文庫)



目次

第一幕 疑惑
1. 海浜荘〈カラスの巣〉
2. 晩餐前の出来事
3. チャールズ、考える
4. 現代のエレーン
5. エッグからの逃亡
第二幕 確信
6. チャールズ、手紙を受け取る
7. 失踪した執事
8. いったい、だれが?
9. 召使いの証言
10. 執事の部屋で
11. インクのしみに関して
12. 作戦計画
第三幕 真相
13. バビントン夫人
14. メリー夫人
15. エルキュール・ポアロ再登場
16. 状況報告
17. 仕事の分担
18. シンシア・デエカズ
19. デエカズ大尉
20. アンジェラ・サトクリッフ
21. ミュリエル・ウィルズ
22. オリバー・マンダーズ
23. ポアロ、シェリー・パーティを催す
24. ギリングでの一日
25. ド・ラッシュブリッジャー夫人
26. ミルレー女史
27. フィナーレ

登場人物

チャールズ・カートライト俳優。カラスの巣荘主人
サタースウェイト芸術愛好家。‘人生の傍観者’
サー・バーソロミュー・ストレンジ高名な精神科医。メルフォード・アビイ主人
ヴァイオレット・ミルレーチャールズ・カートライト秘書
アンジェラ・サトクリッフチャールズ・カートライト友人。女優
フレディ・デエカズ競馬狂。大尉。シンシアの夫
シンシア・デエカズアムブロジン商会経営者
メリー・リットン=ゴア伯爵夫人。デヴォンシャ在
ハーミオン(エッグ)・リットン=ゴアリットン・ゴア伯爵夫人の娘
スティーブン・バビントン牧師。ルーマス教区長
マーガレット・バビントンバビントン師妻
ミュリエル・ウイルズ劇作家
オリバー・マンダーズジャーナリスト志望の青年
テンプルチャールズ・カートライト宅女中
ジョン・エリスストレンジ医師執事
ジョンソン大佐警察署長
クロスフィールド警部
エルキュール・ポアロ私立探偵

映像化

三幕の殺人 Murder in Three Acts
放送:1986年9月30日 米
監督:ゲイリー・ネルソン 脚本:スコット・スワンソン
出演: ピーター・ユスチノフ(ポアロ)、 トニー・カーティス(チャールズ・カートライト)、 エマ・サムズ(エッグ)、 ジョナサン・セシル(ヘイスティングス)
三幕の殺人 Three Act Tragedy
名探偵ポワロ」Agatha Christie's POIROT XII
放送:(英ITV):2010年1月3日 (NHK)2010年9月16日
監督:アシュレイ・ピアース 脚本:ニック・ディア
出演: デビッド・スーシェ(エルキュール・ポワロ)、 マーティン・ショウ(チャールズ・カートライト)、 キンバリー・ニクソン(エッグ)、 アート・マリック(バーソロミュー・ストレンジ)、 スザンヌ・バーティッシュ(ミルレー)、 ロナン・ヴィバート(デイカーズ大尉)、 アナスタシア・ヒル(シンシア・デイカーズ)、 ケイト・アシュフィールド(ミュリエル・ウィルズ)、 ジェーン・アッシャー(メアリー)、 ナイジェル・ペグラム(バビントン牧師)、 アンナ・カータレット(バビントン夫人)、 トム・ウィズダム(オリバー)、 トニー・マーズリー(クロスフィールド)、 デビッド・イェランド(ジョージ)

翻訳履歴