Miss Marple's Final Cases

英初版:Collins 1979年


アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル Vol.2 パディントン発4時50分 [DVD] アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル Vol.4 エンド・ハウス怪事件 [DVD]

収録短編

ミス・マープルの思い出話 Miss Marple Tells a Story

内容

マープルの実力を高くかっている弁護士ペザリックから依頼された事件。妻殺しの疑いをかけられた男の容疑を晴らしていく。

登場人物

ミス・ジェーン・マープル探偵好きの老嬢
レイモンド・ウェストミス・マープル甥。小説家&詩人
ジョーン・ウェストレイモンド・ウェストの妻。画家
マルカム・オールド卿王室弁護士
カラザーズ夫人狩猟好きの婦人
グエンミス・マープルの赤毛のメイド
グランビー夫人英印混血の未亡人
ペザリック弁護士
ローズ氏考古学者
エイミー・ローズミスター・ローズの妻

翻訳履歴

1967 「ミス・マープルは語る」『砂に書かれた三角形(クリスティ短編全集4)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1980 「ミス・マープルの思い出話」『黄色いアイリス(クリスティ短編集10)』中村妙子訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

2004 「ミス・マープルの思い出話」『黄色いアイリス』中村妙子訳 早川書房・クリスティー文庫

仄暗い鏡の中に In a Glass Darkly

登場人物

デリク・ウェインライトシルヴィア・カースレークの友人
オルダム少佐。バッジワージー邸の客
オルダム夫人オルダム少佐婦人
アラン・カースレークニール・カースレーク弟
シルヴィア・カースレークニール・カースレーク妹
ニール・カースレークバッジワージー邸当主
チャールズ・クローリーシルヴィア・カースレークの恋人

映像化

ほのぐらい鏡の中に In a Glass Darkly
放送:1982年9月14日 英(Thames Television) 「アガサ・クリスティー アワー」
監督:デズモンド・デービス
出演:ニコラス・クレイ (Matthew Armitage), Shaun Scott (Neil Carslake), Emma Piper (Sylvia Carslake)
In a Glass Darkly
放送:1987年 英
監督:Desmond Davis

翻訳履歴

1967 「暗い鏡のなかに」『砂に書かれた三角形(クリスティ短編全集4)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1980 「仄暗い鏡の中に」『黄色いアイリス(クリスティ短編集10)』中村妙子訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1985 「仄暗い鏡の中に」『青い壷の謎』中村妙子訳 新潮文庫

1995 「暗い鏡の中に」『暗い鏡のなかに(アガサ・クリスティー探偵名作集17)』各務三郎訳 岩崎書店

2004 「仄暗い鏡の中に」『黄色いアイリス』中村妙子訳 早川書房・クリスティー文庫

奇妙な冗談 Strange Jest

内容

女優ジェーンの友人の伯父が死んだ。伯父は死の直前に謎の言葉を残しており、遺産がどこかに隠されていることが判った。

登場人物

ミス・マープル探偵好きな老婦人
エルドリッチ夫人ミス・マープルの友人
グレイ謎の手紙の中の名
マティルダ・グレイヴスマシュー・ストラウドの友人
チャーミアン・ストラウドジェーン・ヘリアーの友人
マシュー・ストラウドチャーミアンとエドワードの大叔父の大伯父。故人
ビートン夫人料理本の著者
ジェーン・ヘリア人気女優
ヘンリーミス・マープル叔父
ベティ・マーティン謎の手紙の差出人
ライオネルミス・マープル甥。切手の蒐集家
エドワード・ロシターチャーミアン・ストラウドの婚約者

映像化

風変わりな遺言
名探偵ポワロとマープル
放送(NHK):2004年7月25日
監督:高橋ナオヒト 脚本:米村正二
声優:ミス・マープル(八千草薫)、メイベル(折笠富美子)、オリバー(城雅子)、チャーミアン(酒井法子)、エドワード(及川光博)、マシュー(丸山詠二)、エドナ(平山ゆかり)

翻訳履歴

1960 「しゃれの秘密」青田勝訳『ミステリマガジン』1960年9月号(通巻51号)

1966 「風変りないたずら」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1974 「白紙の遺言状」『名探偵マープルおばさん(世界の名探偵物語9)』各務三郎訳 岩崎書店

1979 「風変わりな悪戯」『クリスティーの6個の脳髄』各務三郎編、深町眞理子訳 講談社文庫

1980 「風変りな冗談」『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1986 「風変わりないたずら」『アガサ=クリスティ 推理・探偵小説集(2)』各務三郎編、深町眞理子訳 偕成社文庫

1991 「おかしないたずら」『巻尺殺人事件(アガサ・クリスティー探偵名作集6)』各務三郎訳 岩崎書店

1997 「風変わりないたずら」『ミス・マープル(世界の名探偵コレクション8)』雨沢泰訳 集英社文庫

2004 「奇妙な冗談」『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫

2007 「風変わりないたずら」『ミステリーセレクション(1)ミステリーは身をたすく』赤木かん子編 ポプラ社

2017 「風変わりないたずら」『ミス・マープル』中尾明訳 汐文社(はじめてのミステリー名探偵登場!)

巻尺殺人事件 Tape-Measure Murder

内容

スペンスロー夫人が絞殺された。ところが夫の態度がいかにも冷静すぎるので、疑いの目が夫に向けられる。

登場人物

ミス・マープル探偵好きな老婦人
ジム・アバークロンビーアバークロンビー卿の息子
ロバート・アバークロンビー卿スペンロー夫人の昔の雇い主
アントニーミス・マープルの従弟
ゴードンミス・マープルの従弟
テッド・ジェラードセント・メアリー・ミードの牧師補
フレッド・ジャクソンセント・メアリ・ミードの魚屋の少年
スペンロー夫妻宝石商とその妻
スラックラドフォードシャ州警察警部(&メルチェット大佐の部下)
アマンダ・ハートネルセント・メアリ・ミードの有閑婦人
ブレイド夫人セント・メアリー・ミードの女郵便局長
グラディス・ブレントスペンロー家のお手伝い
ヘンリーミス・マープル叔父
ポークセント・メアリ・ミードの巡査
ポリット夫人仕立て女
メルチェット大佐。ラドフォードシャ州警察本部長

映像化

巻尺殺人事件
名探偵ポワロとマープル
放送(NHK):2004年10月3日
監督:高橋ナオヒト 脚本:藤田伸三
声優:ミス・マープル(八千草薫)、スペンロー(林隆三)、メイベル(折笠富美子)、オリバー(城雅子)、ハースト巡査(浪川大輔)、ハートネル(さとうあい)、ポリット(横尾まり)、ブレイド(鈴木れい子)、スラック警部(桐井大介)、メルチェット本部長(小野大輔)

翻訳履歴

1966 「巻尺殺人事件」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1979 「村の殺人」『犯罪の中のレディたち - 女性の名探偵と大犯罪者 下』エラリー・クイーン編、厚木淳訳 創元推理文庫

1980 「巻尺殺人事件」『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1991 「巻尺殺人事件」『巻尺殺人事件(アガサ・クリスティー探偵名作集6)』各務三郎訳 岩崎書店

2004 「昔ながらの殺人事件」『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫

2017 「巻尺殺人事件」『ミス・マープル』中尾明訳 汐文社(はじめてのミステリー名探偵登場!)

管理人事件 The Case of the Caretaker

内容

ヘイドック医師が風邪を引いて寝込んでいるマープルに、一つの事件を持ち込んできた。若い人妻の事故死に関してである。

登場人物

ミス・マープル探偵好きの老婦人
クラリス・ヴェインヘイドック医師の姪
エッジセント・メアリー・ミードの薬局の主人
ベラ・エッジエッジの妻。ハリー・ラクストンの元恋人
ミス・ハーモンセント・メアリー・ミードの住人
プライス夫人セント・メアリ・ミード住人
ミス・ブレントセント・メアリー・ミード住人
ヘイドックセント・メアリ・ミードの警察医(&ミス・マープル主治医)
マーガトロイド夫人キングスディーン荘の元管理人
ラクストン少佐。ハリー・ラクストンの父。故人
ハリー・ラクストンセント・メアリー・ミード出身の若者
ルイーズ・ラクストンハリーの若妻

翻訳履歴

1956 「管理人と花嫁」村上啓夫訳『名探偵登場4』早川書房編集部編 ハヤカワ・ポケットミステリ

1966 「管理人の老婆」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1980 「管理人の事件」『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1991 「管理人の老女」『巻尺殺人事件(アガサ・クリスティー探偵名作集6)』各務三郎訳 岩崎書店

1997 「ミス・マープル、風邪をなおす」『ミス・マープル(世界の名探偵コレクション8)』雨沢泰訳 集英社文庫

2004 「管理人事件」『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫

申し分のないメイド The Case of the Perfect Maid

内容

オールド・ホールに済んでいるスキナー姉妹の家でブローチが盗まれた。どうやら女中を追い出す口実らしく、調査が始まった。

登場人物

ミス・マープル探偵好きの老婦人
アラートンエミリー・スキナーのかかりつけの医師
カロライン・ウェザビーセント・メアリ・ミードの有閑婦人
エドナミス・マープルのメイド
カーマイケル夫人オールド・ホールに住む老婦人
クララプライス=リドレイ夫人のメイド
クレメント夫人セント・メアリー・ミード住人
ジャネットカーマイケル夫人のメイド
ラヴィニア・スキナーオールド・ホールに妹と住む未婚婦人
エミリア(エミリー)・スキナーラヴィニア・スキナーの妹
スラックラドフォードシャ州警察警部(&メルチェット大佐の部下)
ドゥヴロー夫妻オールド・ホールに住む新婚の夫婦
アマンダ・ハートネルセント・メアリ・ミードの有閑婦人
メアリー・ヒギンズスキナー姉妹の新しいメイド
マーサ・プライス=リドレイセント・メアリ・ミード在。未亡人
ヘイドックセント・メアリ・ミードの警察医(&ミス・マープル主治医)
グラディス(グラディー)・ホームズスキナー姉妹のメイド
ミーククララの友人
メルチェット大佐。ラドフォードシャ州警察本部長
ラーキン夫妻オールド・ホールに住む判事夫妻
リードタクシー屋

映像化

申し分のないメイド
名探偵ポワロとマープル
放送(NHK):2004年8月1日
監督:高橋ナオヒト 脚本:富田祐弘
声優:ミス・マープル(八千草薫)、メイベル(折笠富美子)、オリバー(城雅子)、メアリー・ヒギンズ(川中美幸)、ハースト巡査(浪川大輔)、ラヴィニア・スキナー(滝沢久美子)、グリゼルダ(平松晶子)、グラディス(村井かずき)、カーマイケル夫人(佐藤智恵)、ラーキン夫人(出口佳代)、ドゥボロー夫人(佐々木遥子)、警官(波多野渉)

翻訳履歴

1958 「理想の女中」『ミステリマガジン』1958年2月号

1966 「申し分のない女中」『二十四羽の黒ツグミ(クリスチィ短編全集3)』宇野利泰訳 創元推理文庫

1980 「非の打ちどころがない女中」『愛の探偵たち(クリスティ短編集9)』小倉多加志訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1991 「すばらしいメード」『巻尺殺人事件(アガサ・クリスティー探偵名作集6)』各務三郎訳 岩崎書店

1997 「申し分のないメイド」『ミス・マープル(世界の名探偵コレクション8)』雨沢泰訳 集英社文庫

2004 「申し分のないメイド」『愛の探偵たち』宇佐川晶子訳 早川書房・クリスティー文庫

2017 「申し分のないメイド」『ミス・マープル』中尾明訳 汐文社(はじめてのミステリー名探偵登場!)

教会で死んだ男 Sanctuary

内容

バンチ夫人は教会の内陣で死に掛かっていた男を見つけた。男は「サンクチュアリ」と一言いって息を引き取った。

登場人物

ミス・マープル探偵好きの老婦人
レイモンド・ウェストミス・マープル甥。小説家&詩人
ジョーン・ウェストレイモンドの妻。画家
グラディスミス・マープルのメイド
アーニーグラディスの夫
ウィリアム・サンドボーン謎の男
エクルズ夫人ウィリアム・サンドボーンの姉
エクルズエクルズ夫人の夫
ジュリアン・ハーモンチッピング・クレグホーンの牧師
ダイアナ(バンチ)・ハーモンハーモン牧師夫人。ミス・マープルの友人
ジョーンズチピッピング・クレグホーン住人
グリフィスチピッピング・クレグホーンの医師
ハーパーチッピング・クレグホーン住人
マンディー夫妻チピッピング・クレグホーン、ラバーナム荘住人
ヘイズチッピング・クレグホーン巡査部長
ジェイコブ夫人元劇場の衣裳係
ゾビータダンサー
ウォルター・エドマンド・セント・ジョン刑務所から脱走した男
ジュウエル(ジル)謎の名前
エドウィン・モス荷物を奪った男
メアリー・モスウォルターの妻
アベルパディントンの巡査
ダーモット・エリック・クラドックミドルシャー警察捜査課警部

翻訳履歴

1963 「教会で死んだ男」宇野輝雄訳『ミステリマガジン』1963年5月号

1976 「教会で死んだ男」宇野輝雄訳『ミステリマガジン』1976年4月号(通巻240号)

1978 「教会で死んだ男」宇野輝雄訳『ポアロとミス・マープル(名探偵読本3)』パシフィカ

1982 「教会で死んだ男」『教会で死んだ男(クリスティ短編集12)』宇野輝雄訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1994 「教会で死んだ男」『教会で死んだ男(アガサ・クリスティー探偵名作集14)』各務三郎訳 岩崎書店

1997 「やすらぎの地」『ミス・マープル(世界の名探偵コレクション8)』雨沢泰訳 集英社文庫

2003 「教会で死んだ男」『教会で死んだ男』宇野輝雄訳 早川書房/クリスティー文庫

洋裁店の人形 Dressmaker's Doll

登場人物

エルスペス洋裁店の縫製主任
アリシア・クーム洋裁店経営者
グローブズ夫人洋裁店の掃除婦
ネリー洋裁店の縫い子
フー・リンフェローズ・ブラウンの犬
シビル・フォックス洋裁店勤務
フェローズ・ブラウン洋裁店のお得意様
マーガレット洋裁店の縫い子
マーリーン洋裁店の縫い子
リー夫人リー卿夫人

翻訳履歴

1971 「人形」山本光伸訳『ミステリマガジン』1971年7月号

1979 「人形」『クリスティーの6個の脳髄』各務三郎編、深町眞理子訳 講談社文庫

1982 「洋裁店の人形」『教会で死んだ男(クリスティ短編集12)』宇野輝雄訳 ハヤカワ・ミステリ文庫

1986 「人形」『アガサ=クリスティ 推理・探偵小説集(2)』各務三郎編、深町眞理子訳 偕成社文庫

1995 「人形」『暗い鏡のなかに(アガサ・クリスティー探偵名作集17)』各務三郎訳 岩崎書店

2003 「洋裁店の人形」『教会で死んだ男』宇野輝雄訳 早川書房/クリスティー文庫